ブラザーの歴史トップへ戻る

ブラザーの歴史

創業~1940年代 輸入産業を輸出産業へ

設立趣意書
設立趣意書

ブラザーのルーツは、安井兼吉が1908年にミシンの修理業を開業したことにさかのぼります。その後、兼吉の息子である正義が家業を継ぎ、「ミシンの国産化を実現し、輸入産業を輸出産業にする」という大志を抱きました。足がかりとして麦わら帽子製造用環縫ミシンの製造を手がけ、1932年に家庭用ミシンを誕生させました。正義とその弟の実一はミシンを作る機械も自分たちの手で開発。この「自前主義」はその後もブラザーのDNAとして継承されていきます。

年表

1908年
名古屋市に安井兼吉がブラザー工業株式会社の前身、安井ミシン商会を設立。ミシンの修理ならびに部品の製造を開始
1926年
安井兼吉死去(1925年11月)により安井ミシン商会は息子の正義に継承される。安井ミシン兄弟商会と改称し、熱田区伝馬町の表通りに新店を構える
1928年
昭三式ミシン(麦わら帽子製造用環縫ミシン)の商標を「BROTHER」と定めて市販開始
1932年
家庭用本縫ミシン15種70型の国産化に成功
(当社製家庭用ミシンの第1号機)
1934年
安井ミシン兄弟商会を改組して、日本ミシン製造株式会社を創立
1941年
国内販売会社として、ブラザーミシン販売株式会社を設立

安井 兼吉
安井 兼吉

昭三式ミシン
昭三式ミシン

家庭用本縫いミシン 15種70型
家庭用本縫いミシン
15種70型