猫と一緒にお住まいのお客様へ 家庭用ファクスにおける無償点検のお知らせ

地域社会とともに

地域社会に対する貢献を常に意識し、地球環境に配慮した活動、事業に関連した活動、地域における人づくりを意識した活動を中心に、よき企業市民として社会貢献に取り組んでいます。

廃棄予定のプリンターや複合機を整備して福祉団体などへ寄贈

寄贈した製品をお使いいただいている「社会福祉法人あかねの会」様
寄贈した製品をお使いいただいている「社会福祉法人あかねの会」様
支援教室の運営に寄贈プリンターが役立っています。

ブラザー販売では、2010年から製品修理時のお客様への貸し出し用プリンターや複合機などを整備し、市民活動団体への寄贈を始めました。これは、物流事業者との連携強化による修理期間短縮に伴い、余剰となった貸し出し用製品を廃棄するのではなく、社会で役立ててもらうために始めた取り組みです。現在では取引先販売店様で展示されていた製品などを寄贈しています。寄贈先の募集・選考には、寄贈プログラムや東日本大震災支援プログラムを運営している「認定NPO法人イーパーツ」様にご協力をいただいています。
寄贈先の市民活動団体からは、喜びの手紙や笑顔あふれる写真がたくさん届いており、関係者の大きな励みとなっています。今後も引き続き、環境負荷の削減と社会貢献に寄与していきます。

寄贈状況(2017年3月現在)

2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
127団体
232台
138団体
248台
93団体
117台
112団体
149台
70団体
125台
100団体
151台
77団体
131台

「認定NPO法人イーパーツ」ホームページ (外部サイトへリンクします)

寄贈先の市民活動団体様と交流

2017年1月、名古屋市イーパーツリユースPC寄贈式が開催されました。市民活動団体の皆様と交流を図ることができる貴 重な機会ととらえブラザー販売も参加しました。
当日開催されたコンテストは大いに盛り上り、ポイント上位団体へ景品としてプリンターを贈呈しました。

「なごや防災ボラネット」様へプリンターを贈呈
「なごや防災ボラネット」様へプリンターを贈呈

ミシンのチカラによる東北復興支援

ブラザーミシンで作られた、「Hang in there!~おらほもあんだほもがんばっぺし!Bag~」
ブラザーミシンで作られた、「Hang in there!~おらほもあんだほもがんばっぺし!Bag~」

東日本大震災の津波により甚大な被害を受けた南三陸町で、ブラザーのミシンが役立っています。「南三陸ミシン工房~ミシンでお仕事プロジェクト~」は、①ミシンを贈る物資支援、②ミシン講習会を開催する技術支援、③ミシンを仕事にする自立支援、の3つを組み合わせたミシンを使った総合支援プロジェクトです。"ものづくりの喜び"と"人と人が繋がることで生まれる奇跡のような力"を感じながら、今日も東北では、おかあさんたちが一針一針こころをこめてミシンを縫い続けています。
ブラザー販売は、この活動に賛同して支援を行っています。工房のミシンがかなり使い込まれており故障も見受けられたことから、まずはきちんと整備し楽しく使っていただくことが役割であると考え、ミシンの点検整備を行っています。これからも定期的に訪問してメンテナンスするとともに、ミシンを使っている皆さんの声を訊いて反映させていきたいと考えています。ブラザー販売は、今後も事業を通じて復興に貢献する活動を続けていきます。

「南三陸ミシン工房」ホームページ (外部サイトへリンクします)

事業所単位での地域に密着した貢献活動

事業所前での清掃活動
事業所前での清掃活動

ブラザー販売は全国8か所に事業所があり、事業所単位での社会貢献活動にも取り組んでいます。
東京事業所では、2010年より京橋大根河岸青物市場跡地の清掃活動を続けています。従業員は毎週木曜日の朝にローテーションで、吸い殻や落ち葉などのゴミを拾った後に水を撒いてデッキブラシで汚れを洗い流します。事業所前にあるこの跡地は、史跡めぐりのポイントでもあり、歩行者の休息や喫煙場所として多くの方々が利用するスペースとなっています。また「京橋大根河岸会」の主催により、毎月1回大根350本の無料配布が行われる地域交流の場でもあります。地域の方々からは嬉しいお声もいただいており、引き続き地域社会に密着したきめ細かい貢献活動を進めていきます。

大学生のキャリア支援活動を実施

インターンシップの様子
インターンシップの様子

ブラザー販売では、大学生のキャリアを支援する活動を続けています。
その一つとして、インターンシップ(学生の就業体験)を2007年から開始し、現在までに100名以上の大学生を受け入れています。営業活動を実際に体験した学生は現実的な職業観を持って就職活動ができるため、将来のミスマッチが軽減されます。その他、大学のキャリアセンターからの依頼を受けて、模擬面接やグループディスカッションの講師、働くことについての講演なども行っています。
また、近年盛んになってきている産学連携の取り組みにも参加しており、教育活動に積極的に協力をしています。ブラザー販売から提示したテーマに対して学生がアイデアを出し、課題解決のための議論や改善を繰り返すことで、実際のマーケティングを体験して学んでいただけます。
ブラザー販売のキャリア支援活動によって、社会の発展を支える大学生に対して企業活動の理解促進をサポートできればとの想いで活動しています。