従業員とともに

全従業員をお客様と並ぶ重要なステークホルダーと位置付け、会社の中でそれぞれが個の強みを最大限に活かし、主体的なキャリア形成ができる働きがいのある企業、誇りの持てる企業を目指しています。また、毎年ES(従業員満足度)調査を実施するなど、職場の改善向上に継続的に取り組み、従業員のモチベーション向上に努めています。
モチベーションの高い人材が互いに補い合うことで、より一層の組織力(チームワーク)を発揮し、お客様への価値の提供という目標に向かって成長し続けます。

全社一丸となって仕事と生活の調和実現へ-ワーク・ライフ・マネジメントへの取り組み-

第7回ワーク・ライフ・バランス大賞を受賞
第7回ワーク・ライフ・バランス大賞を受賞

ブラザー販売では働きがいと誇りの持てる会社を目標に、ワーク・ライフ・マネジメントを推進しています。仕事と生活の調和の実現に向け内閣府が国民運動を推進している「カエル!ジャパン」の趣旨に賛同し、単に労働時間を制限するのではなく、自律的に働き方をマネジメントするという発想で時間の余裕を生み出し、より生産性の高い働き方にカエル!ことを目指す活動です。一人ひとりの工夫のみならず、チームとして改善できることはないかを考え、メンバー全員が自分達の働き方を意識し検討することによって、成果に繋げている職場も増えてきています。こうした活動が評価され、「次世代のための民間運動 ~ワーク・ライフ・バランス推進会議~」が主催する2013年 第7回「ワーク・ライフ・バランス大賞」を受賞しました。個人やチーム、職場単位での取り組みを通じて生まれた時間的余裕は、従業員一人ひとりが心身のリフレッシュや自らのスキルアップなどに充てる時間として活用が進んでおり、ミニリフレッシュ休暇の取得や定時の日の定着、通信教育受講者数の増加に繋がっています。

第7回ワーク・ライフ・バランス大賞(外部サイトにリンクします)

人材育成-従業員の「学びたい」をカタチにする-

集合研修の様子
集合研修の様子

ブラザー販売では、自律型社員の育成に向けたCDP(キャリア・ディベロップメント・プログラム)を定めています。新入社員研修をはじめとする年齢別・資格級別の集合研修や、各職場で先輩社員が新入社員を指導することで両者の成長を促すOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)制度、将来の目的を明確にして自己の成長実感向上を目指すキャリア面談制度など、数多くの成長機会を従業員に提供しています。
またその一つとして、自主的な自己啓発のための通信教育受講支援を行っています。従業員は、ビジネススキル、語学、IT・パソコン、資格取得などのカテゴリで構成される約250の講座から自由に選択することができ、所定の成績を収めた修了認定者には年間2講座まで会社が受講料を全額支援しています。申し込みは毎月受け付けており、学びたいときにいつでも学習を始められるようになっています。ワーク・ライフ・マネジメントの一環として自己啓発の促進を掲げていることもあり、受講者数・受講件数ともに増加傾向にあります。

仕事と家庭の両立を支援

くるみんマーク 二度目の取得
くるみんマーク 二度目の取得

ブラザー販売は「次世代育成支援対策推進法」に基づいた取り組みを進めており、「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定(くるみん認定)を受けています。仕事と育児の両立に必要な様々な支援策を積極的に展開し、従業員にとってより働きやすい企業を目指しています。
また、2012年度より「愛知県ファミリー・フレンドリー企業」に認定を受けており、仕事と生活の調和を図ることができる職場環境づくりの一環として、法令を上回る育児や介護の休業・時短制度を設定しています。さらに、育児支援休暇の制定や半日年休取得上限回数の拡大など制度を充実させるとともに、子育てや介護に係わる情報公開や勉強会開催など幅広い活動を行っています。このような活動が認められ、2015年度には愛知県ファミリー・フレンドリー企業表彰(中堅企業の部)を受賞することができました。

愛知県ファミリー・フレンドリー企業表彰(外部サイトにリンクします)

チームワークを高める社内コミュニケーション向上を目指して

「タウンミーティング」ディスカッション風景
「タウンミーティング」ディスカッション風景

ブラザー販売では、社内コミュニケーション向上に向けた取り組みを行っています。
その一つとして、全従業員が一堂に集う「Brother Japan Conference」を2011年より開催しています。外部講師を招いての講演会、社長賞などの各種表彰、各部門の方針や戦略の共有、新製品のお披露目、従業員間の親睦をはかる交流会など内容の濃い2日間です。
また、従業員と経営層との直接対話(双方向コミュニケーション)を重視した「タウンミーティング」を2008年から全国の事業所で行っています。グループディスカッションに社長が参加する形式で行われ、新たな気づきの発見や、モチベーション向上などにも繋がっています。

主なコミュニケーション向上活動

活動の名称 活動内容
Brother Japan Conference 全従業員参加の社内コミュニケーションイベント
方針説明会 新年度の方針をWeb会議で共有
タウンミーティング 社長が全国を回って従業員と直接対話
事業報告会 経営層自ら四半期毎に全国を回って会社の状況や取り組みを説明
社長ブログ 社長の想いを毎週発信
社内報 社内トピックスや職場紹介などの情報発信

健康経営の推進

ブラザー販売株式会社 健康経営宣言

ブラザー販売の経営理念に掲げている、「ビジネスに活力を、暮らしに楽しさを。すべての人に “At your side.” 」を実現するため、社員一人ひとりが健康で活き活きと活躍出来ることが、事業経営の継続と成長の根幹であります。
ブラザー販売は、「ブラザーグループ健康経営理念」の着実な浸透をめざし、従業員やその家族の自発的な健康維持推進活動に対する積極的な支援を行います。

2017年9月
ブラザー販売株式会社
代表取締役社長
最高健康責任者
三島勉

健康経営推進体制図

健康経営推進体制を構築し、PDCAサイクルを回して、今まで以上に効果的・効率的な従業員の健康の保持・増進活動を展開していきます。具体的には、当面の強化策として、生活習慣病重症化予防、受動喫煙防止、メンタルヘルス対策などに重点的に取り組んでまいります。

健康経営推進体制図